両国徒然草紙
会社でのビジネス遂行時の心境や、両国の風物、健康維持の為のトレーニングといった、一見アンマッチな事象を、心の趣くままに綴ります。  徒然草【第十四段】和歌こそ、猶、をかしき物なれ。  2012年3月から浅草橋に移転しましたが、ブログタイトルはそのまま使います。
日本を 完膚なきまで 焼き尽くす ルメイが決めて 部下が従う   
東京裁判では、戦争犯罪を裁いたという。

戦争犯罪とは何か?
投降した捕虜を殺害したり、一般の非戦闘員を殺戮することである。

東京を爆撃した兵士たち ~アメリカ軍パイロット 60年後の証言



ルメイが司令官となり、一般人を標的とした。






スポンサーサイト

テーマ:歴史番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

5月場所 初日の空は 雨模様 力士の笑顔 人種を超える 
国技館前はあいにくの空模様であったが、黒山の人だかりであった。特に力士が出入りする通用口前は、サインをせがんだり、一緒に記念撮影をお願いする世界各地から来た人々で一杯だった。
  sumo3 sumo1
子供を抱いてもらって記念撮影をして貰う親も多かった。
  sumo2
親子ともども、一生の記念になるだろう。
とにかく、全ての依頼に力士が丁寧に応じていたのが印象的だった。

16時過ぎごろになって、急にスコールが来た。その時、一瞬だけ、隆の山が通り過ぎた。
  taka
メチャメチャ、カッコ良い!!
筋肉隆々で、テレビ画面の土俵上で見るのも良いが、本人は背筋がピンと伸びて惚れ惚れする感じであった。

本場所が開催されていない期間は、相撲博物館が無料で見学できるし、相撲部屋も沢山ある。5分程歩けば、隅田川テラスにまるで錦絵のギャラリーがある。両国は楽しい。

そして、祖先に思いを馳せる。涙が止まらなし。
  

両国で 仕事の合間 見物し 5月の空は にわか大雨

※隆の山:wiki

テーマ:お祭り&行事 - ジャンル:地域情報

有難い 15万件 から選び 徒然草紙 まとめてくれる
「ブログ中毒」を自称される管理人の方が運営されているサイトがある。その名も「まとめwoネタ速neo」という。
  matome
「15万件のブログから面白い記事を一発検索!」というキャッチフレーズである。

「管理人がブログ中毒になっちゃいましたので、ネタ速作り、ブックマークしました。。 したらスマホ・携帯から毎朝毎晩のように新着ネタを漁るようになりました。 止まらない・・どうにかしてorz」と書かれている。 色々な方がいらっしゃる。

トラックバックして下さったので気が付いた。 最近の記事では、4月29日の投稿をセレクト頂いた。
  kiji

管理人の方がセレクトして下さったので、改めて当日のブログを自分自身でも読み返した。説明が足りない事に気が付かされた。これを機会に、過去の投稿にも手を入れる事にした。

未熟者 一度のUPで 良しとした 手入れは続く 気力の限り 

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

藤まつり 押すな押すなの 大人気 藤もツリーも 今が見どころ
今の事務所は、最寄駅が総武線浅草橋である。今年の3月に両国から移転してきた。 両国駅から見て1駅東京寄りが浅草橋で、逆に千葉寄りが錦糸町である。錦糸町から10分程歩くと「亀戸天神社」がある。藤の名所である。
  fuji

連休中は、「かっぽれ」「相撲甚句」「猿回し」等が見物できる。 今日は一日仕事だったが、お昼休みを利用して藤まつりに行ってきた。
  fuji1 fuji2
  fuji6 fuji5

これらのビジュアルな画像は、facebookでも受ける。 私のお友達は現在36人で、決して多い方ではないので「いいね」はあまりされない。 しかし、このようなビジュアルネタであれば、少しはいいねを頂ける

昨日も今日も朝から天気が悪く、あいにくの空模様であったが運よく今日のお昼だけは、チョットだけ青空がのぞけた。
  fuji3 fuji4

午後はまた雨が降り出したので、お昼休みの散策はタイミングも景色も素晴らしかった。

ついている 参拝無料 眼福で 晴れ間も見えて 閑話休題

テーマ:お祭り&行事 - ジャンル:地域情報

移転して 両国からは 離れたが ブログの名前 変えずに使う
両国から浅草橋に移転した。会社を10月から両国で始めたので、5ケ月間の両国生活だった。
  map2012
自宅の移転と違い、会社の移転は公式ホームページの更新等を含め、諸手続きが煩雑だ。超多忙の月末月初の時期と移転が重なり、ブログの更新は2の次となってしまった。

浅草橋は、両国と同じく歴史のある街である。
  asakusabashi
これからも「両国」徒然草紙を名乗るが、コンテンツに浅草橋情報を加える。

テーマ:東京まちさんぽ - ジャンル:地域情報

copyright © 2017 両国徒然草紙 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.