両国徒然草紙
会社でのビジネス遂行時の心境や、両国の風物、健康維持の為のトレーニングといった、一見アンマッチな事象を、心の趣くままに綴ります。  徒然草【第十四段】和歌こそ、猶、をかしき物なれ。  2012年3月から浅草橋に移転しましたが、ブログタイトルはそのまま使います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このままじゃ グラフがすべて 彼方へと 何が待つかは 神のみぞ知る
facebookの楽しさや、便利さ、凄さ、ビジネスに利用した時の有効性など、良い点を挙げればきりがない。私も自分自身で楽しみながら、利用させて頂いている。

しかし、世の中の誰も言わないが、忘れてはいけない大事なポイントがある。ソーシャルグラフは外交交渉の際の、最も重要なインテリジェンスなのである。個人的に誰と誰が親しく付き合っていて、お互いにどう思っているかなどは、国と国とが外交交渉をする際に、智謀・策略・陥穽等を凝らして探り出す最高のインテリジェンスである。

一昨日の記述でソーシャルグラフの事を書いた。世界中の人々のソーシャルグラフが、米国の1企業のデ-タベースとして着々と蓄積されている。この状態は、facebookが世界唯一の覇権国家である、米国の企業だから許されたのではないか。

もしfavebookが日本で生まれたサービスだととしたら、そしてソーシャルグラフの入れ物が日本国内に保持されたいるとしたら、ここまでの世界的成長を米国が許すのか?

私は今後ともfacebookを使い続けるし、facebookの使い方や便利さの説明を求められた時には、喜んで知っている事はお話するし、一緒に考えさせて頂く。便利で楽しく仕事にも有効に使えるものはどんどん使うべきだが、物事の本質だけは、理解した上で行動をせねばならないと、自戒を込めて記述している。

良いものは どんどん使う これからも 本質知って 節度持ちたい
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 両国徒然草紙 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。