両国徒然草紙
会社でのビジネス遂行時の心境や、両国の風物、健康維持の為のトレーニングといった、一見アンマッチな事象を、心の趣くままに綴ります。  徒然草【第十四段】和歌こそ、猶、をかしき物なれ。  2012年3月から浅草橋に移転しましたが、ブログタイトルはそのまま使います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペマさんの 本で指摘を 得ないでも 大手マスコミ 異様な姿
-中国「日本解放工作」の恐るべき全貌-がサブタイトルである。書名は衝撃的過ぎて記述するのが憚れる。右サイドバーの読書欄に表紙を貼った。実は、裏表紙が凄い。
    pema3【クリックで拡大】
この地図の流出は、だいぶ以前からだと言う。ペマ氏の著作の冒頭での論陣は、日本の大手マスコミは中国政府の工作が功を奏して、報道内容が偏っているとの指摘だ。私も全くその通りだと思う、このブログでも実例を記述してきた。時には形を変えて工作してくることも。

この本の真意は、タイトルから想像する刺激的な内容を伝える事ではない。そうならないようにはどうすれば良いかを、ペマ氏は日本人(帰化した)として真剣に考察して提案している。

私は死ぬまで元気で仕事を続け、立ったまま死にたいとの存念を書いた。働くモチベーションが維持できることは、とても有難い。

ネイティブの 日本人こそ 真剣に 危機を感じて 死ぬまで元気
スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 両国徒然草紙 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。