両国徒然草紙
会社でのビジネス遂行時の心境や、両国の風物、健康維持の為のトレーニングといった、一見アンマッチな事象を、心の趣くままに綴ります。  徒然草【第十四段】和歌こそ、猶、をかしき物なれ。  2012年3月から浅草橋に移転しましたが、ブログタイトルはそのまま使います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひどいもの 日本政府の 対応は それだけ北京 工作巧み
昨日、日本政府が東日本大震災への世界最大級の義捐金と人的支援を頂いた台湾政府への非礼を働いたという小さな報道があった。本日は、それが一面トップ級の扱いとなった。中国の工作が巧みなのか、日本の政治家がだらしないのか?両方なのか。
  0314sankei30
たった一日でセリフが一転する。あきれ果てて物も言えない。中国への卑屈な遠慮なのだ。政権与党が自ら過剰反応している。だから中国は台湾カードを切る。日本は攻めれば譲歩すると認識している。

民主党政権の官房長官が、「一転」問題ない。と、記者会見で述べた事実だけを残しておく。日本の主人公は我々国民である。政治家は、日本の主人公である有権者が選ぶ。仮に日本の政治家がだらしないのであれば、私自身を含めた国民の責任だ。

これからも元気で長生きを心がけ、生涯現役で仕事を続けたい。そして、仕事の傍ら思うところを情報発信する。個人の力でも、我らの祖国日本のお役に立てると信じる。
スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 両国徒然草紙 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。