両国徒然草紙
会社でのビジネス遂行時の心境や、両国の風物、健康維持の為のトレーニングといった、一見アンマッチな事象を、心の趣くままに綴ります。  徒然草【第十四段】和歌こそ、猶、をかしき物なれ。  2012年3月から浅草橋に移転しましたが、ブログタイトルはそのまま使います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月場所 初日の空は 雨模様 力士の笑顔 人種を超える 
国技館前はあいにくの空模様であったが、黒山の人だかりであった。特に力士が出入りする通用口前は、サインをせがんだり、一緒に記念撮影をお願いする世界各地から来た人々で一杯だった。
  sumo3 sumo1
子供を抱いてもらって記念撮影をして貰う親も多かった。
  sumo2
親子ともども、一生の記念になるだろう。
とにかく、全ての依頼に力士が丁寧に応じていたのが印象的だった。

16時過ぎごろになって、急にスコールが来た。その時、一瞬だけ、隆の山が通り過ぎた。
  taka
メチャメチャ、カッコ良い!!
筋肉隆々で、テレビ画面の土俵上で見るのも良いが、本人は背筋がピンと伸びて惚れ惚れする感じであった。

本場所が開催されていない期間は、相撲博物館が無料で見学できるし、相撲部屋も沢山ある。5分程歩けば、隅田川テラスにまるで錦絵のギャラリーがある。両国は楽しい。

そして、祖先に思いを馳せる。涙が止まらなし。
  

両国で 仕事の合間 見物し 5月の空は にわか大雨

※隆の山:wiki
スポンサーサイト

テーマ:お祭り&行事 - ジャンル:地域情報

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
国技館前はあいにくの空模様であったが、黒山の人だかりであった。特に力士が出入りする通用口前は、サインをせがんだり、一緒に記念撮影をお願いする世界各地から来た人々で一杯だ...
2012/05/11(金) 16:31:46 | まとめwoネタ速neo
copyright © 2017 両国徒然草紙 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。