両国徒然草紙
会社でのビジネス遂行時の心境や、両国の風物、健康維持の為のトレーニングといった、一見アンマッチな事象を、心の趣くままに綴ります。  徒然草【第十四段】和歌こそ、猶、をかしき物なれ。  2012年3月から浅草橋に移転しましたが、ブログタイトルはそのまま使います。
監督の 希望は直ぐに 決まりだが 主演は誰で 脇役誰だ
単なる希望だが、
映画化される場合は、監督と脚本は「山崎貴」で、決まりだ。

主演は?
どう考えても、現代の俳優でははまり役がいない。
過去にまで遡ると「三船敏郎」「丹波哲郎」あたりか・・・



山崎監督作品の「永遠の0」は日本映画史に残る傑作であり、
以下の記述は、映画の価値を減じるものでは決してない。

永遠の0でも感じたが、百田尚樹作品の場合は、映画を先に鑑賞した方が良いように思う。
文学作品があまりにも素晴らしく、映画はどうしても時間の制約があり物語の総てを語れない。

限られた時間内での「ストーリー」に物足りなさを感じる可能性がある。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

三原さん あざやかな弁 神のよう 今年も願う 活躍のほど
2013年の国会演説では、No.1だったと思う


そもそも、物凄く勉強している。


弊社ブログでも触れたが、この議員は凄い。

テーマ:政治 - ジャンル:政治・経済

一定の テンション保ち 諭される 器大きい 宰相示す
特定の国だけが外国ではない。
以前にも書いたが世界の大多数の国で、日本は憧れの的なのだ。



徳永氏は、反日議員として定評がある。
こういう人は、本気で意見を主張しているのか?



日本人に限らず、好き好んで死にたい人はいない。
平時の人間には理解できない、特殊な状況下で死んでいく。

これらの人々のお陰で、今の日本がある。

ありがとう 今の日本は 皆様の 尊い犠牲 あったらからこそ

テーマ:議会 - ジャンル:政治・経済

地上波も 大新聞も だんまりだ 無視する事も 捏造もある
キャプテン・フィリップスという映画が上映されている。
ソマリアの海賊に人質として拉致された、たったひとりの米国人船長を、米海軍が救出に出動した。



この実話を元にした映画を見たチャンネル桜のスタッフが、自衛隊のOBに「日本だったら同じ事ができたのか」と、素朴な疑問をぶつける。

果たして回答は!?
日本の地上波や大新聞で、このような論議を見たり読んだりすることはできない。

自社ブログにも書いたが、如何に正しい情報を収集できるかが重要だ。

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

面白く ためにもなって 納得だ 特に最後の 章は秀逸
日本自立のための
  プーチン
  最終講義
--------------

--------------

あまりにも面白くて、一気に読了した。

・プーチンが、メドベージェフに解任されて日本へ追放する。
・プーチンは自民党総裁になる前から、安部首相にだけ様々なアドバイスをする。

という奇想天外な設定なのだ。
自社サイトでは、もっと詳細に感想を綴りたい。

テーマ:国際政治 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2017 両国徒然草紙 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.